結婚指輪をするのはどんな意味があるか

結婚指輪をすることに、どんな意味があるのでしょうか。
プロポーズの際に婚約指輪を女性に贈ればそれでよいとお考えの方もいらっしゃるようですが、結婚指輪はまた違う大切な意味がありますので、是非とも用意して頂きたいと思います。
夫婦になる二人が、お互いに指輪を交換して愛を誓います。
左手の薬指は、心臓につながるしっかりとした血管がつながっていると古代エジプトでは考えられていました。
これが理由で、愛情のエネルギーがあるとされているのです。
ですから、この指に結婚指輪を着けるのです。
他にも、大切な意味の一つに、結婚していることのアピールがあります。
素敵な人に出会った場合、悪気無く好意を寄せてしまうこともあるかもしれませんが、その際に相手が独身かどうか確認したい場合、左手の薬指がそれを教えてくれます。
そしてもう一つ。
ペアの指輪を着けていることで、離れていてもつながっていることを実感することができます。
嫌なことがあった時、この指輪が勇気や自信を思い出させてくれるのです。
ですから、結婚指輪はやはり必要なのです。