結婚指輪が日本に来たのはいつの時代か

もともと、大昔のヨーロッパで始まったとされる結婚指輪の交換。
今では、日本でも多くのカップルが結婚の際に指輪の交換をしています。
それは、結婚においても特別な儀式であり、また感動的な場面でもあると言えるでしょう。
では、日本に結婚指輪が伝わってきたのはいつかと言うと、それは明治時代に入ってからだとされています。
しかしながら、伝わってきた当初はすぐには広まりませんでした。
日本で結婚指輪が広まったのは、戦後だと言われています。
結婚指輪は、お手頃のものであれば数万円で買えるものもあります。
また、素材や石、デザインなどによって価格が高いものもあります。
選ぶ際は、デザインはもちろん指にはめたときの感覚も大切にしてください。
違和感がなくストレスにならないものがオススメです。
また、購入時期についてですが、結婚式の準備が忙しくなる前に購入した方が何かと楽です。
できるだけ、挙式の2、3か月ころには用意するのがオススメです。